スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円安

2006年現在、120円以上になった時には、明確に円安という。
円安においては、日経平均株価は急騰することが多い。


また、輸入産業の業績が悪化し、輸出産業の業績が好調となる。

◇輸入する時には、今までより高く仕入れなくてはならないので、コストが余計にかかる。
◇輸出する時には、円が割安なので買ってもらいやすくなり、利益が増大する。



円高

2006年現在、110円以下になった時には、明確に円高という。
円高の際には、日経平均株価は急落することが多い。


また、輸出産業の業績が悪化し、輸入産業の業績が好調となる。

◇輸入する時には、今までより安く仕入れる事ができるので、コストが削減できる。
◇輸出する時には、円が高いために買ってもらいにくくなるため、利益が減少する。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。