スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界各地の外国為替市場

外国為替市場では、常にどこかの国で取引が行われていて、東京外国為替市場は世界で第3位の市場といわれています。

一般に3大外国為替市場としてロンドン、ニューヨーク、東京があげられますが、最近では東京の地位の低下がいわれています。 他にも、市場が開く順番で説明すると、ニュージーランドのウエリントン市場、シドニー、東京それから香港が開いてシンガポールが開きます。

その後、バーレーン、ヨーロッパ大陸のフランクフルト、パリといった市場が開いてロンドン、ニューヨーク市場が開きます。ロサンゼルス、サンフランシスコでも取引があり、ここにも市場があるます。 これらの市場は、独立して成立しているのではありません。

スポンサーサイト

円相場(えんそうば)とは?

円相場(えんそうば)は、円に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。通常は、外貨1単位に相当する円貨額で表示する。(通貨や市場によっては別の慣行もある。)

特に米ドルやユーロ、英ポンドとの比較によって示され、なかんずく米ドルに対しての「円の相対的価値」を示すことが多い。



円相場の概要

国際市場において、日本の通貨である円の相対的価値が、何らかの意味で基準とみなされる水準よりも高い状態を「円高」、逆に低い水準であるとき「円安」という。

分かりやすく言えば、今まで1ドル120円だったが、1ドル115円になった場合には、円高になる。つまり、より少額の「円」で、1ドルと交換できるようになる訳である。(同じ円貨額でより多くのドルを買えるようになったと考えると、通貨価値が上がったということが理解されやすいであろう。)






FXとは?

FXとは、外国為替保証金(Foreign Exchange)のことです。

簡略すると、
①外国通貨をいくらで買っていくらで売るか
②いくらで売っていくらで買い戻すか

の二通りの取引になります。
要するに、両替でお金を増やすということです。


FXが株と違う点は、倒産や不祥事等で暴落するといったリスクがないということです。また、株は世界中が多くの銘柄の取引を行っている100兆円以上の大市場なので、情報の格差により勝ち組と負け組に分かれます。

それに比べ、FXは1つの銘柄をずっと注目していればいいので、手軽で公平なマーケットともいえるでしょう。また、インターネットの普及により、手数料が格安で少額からの投資が可能であるということもFXの魅力の一つです。

リスクをきちんとコントロールするのであれば、FXはこれから投資を始めようと考えている人には、他の投資と比べて投資家の自由度が高く、魅力的な投資といえるでしょう。










円安

2006年現在、120円以上になった時には、明確に円安という。
円安においては、日経平均株価は急騰することが多い。


また、輸入産業の業績が悪化し、輸出産業の業績が好調となる。

◇輸入する時には、今までより高く仕入れなくてはならないので、コストが余計にかかる。
◇輸出する時には、円が割安なので買ってもらいやすくなり、利益が増大する。



外国為替【GMO-FX】の証拠金率の引き下げ

11月20日より、外国為替証拠金取引【GMO-FX】の証拠金率を5%から1%に引き下げます。
外国為替証拠金取引の特徴の1つに、“レバレッジ”があります。
このレバレッジとはてこの原理を意味し、外貨預金や外貨MMFなどその他の外貨建て金融商品と異なり、実際の取引額よりも少ない金額を証拠金とし、大きな金額を運用することです。

証拠金率が1%に引き下げられますと委託する証拠金額に比べ大きな金額の外貨の取引ができるためレバレッジを高くかけた取引が可能となり、期待利益も大きくなりますが、損失可能額も同様に大きくなります。スワップポイントについても同様です。
新証拠金率適用後は最大でレバレッジ100倍の取引が可能ですが、自身で建玉数量や投入資金を調整するなど無理の無い投資が大切になってきます。



円高

2006年現在、110円以下になった時には、明確に円高という。
円高の際には、日経平均株価は急落することが多い。


また、輸出産業の業績が悪化し、輸入産業の業績が好調となる。

◇輸入する時には、今までより安く仕入れる事ができるので、コストが削減できる。
◇輸出する時には、円が高いために買ってもらいにくくなるため、利益が減少する。



外国為替(FX)取扱い業者の選び方

外国為替取引を行うには取引を委託してくれる業者(ブローカー)をはじめに探す必要があります。これら取引委託業者は沢山ありますが、取引手数料、金利、レバレッジ率、各種サポート体制など業者によって異なります。はじめに比較検討しながらじっくり選ぶ必要があるかと思われます。

ブローカーといわれる取引仲介業者は、大手からあやしいと思われるところまで全国に数百と存在します。大手といわれる業者であれば問題ありませんが、中小規模の業者の中には盛んに電話勧誘で 証拠金の増額を促したり、大きくポジションを取るよう勧めたりといった悪質な業者も少なからず存在します。 2005年7月の法施行後、取引仲介業者は金融監督庁の監視下に入ったため、このような悪質な業者は淘汰されつつありますが、もし取引している業者が悪質だと感じた場合、すみやかに別の業者に乗り換えるのが賢明といえます。

為替レートとは

為替レート(かわせレート、Exchange Rate)とは、通常の外国為替の取引において、外貨との交換比率(交換レート)を指す。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。市場で決定されたレートをMER(Market Exchange Rate)と呼ぶ。

外為ブローカーの概要

インターバンクは世界中の金融機関が外国為替を取引する場で、証券のように決まった取引所が存在せずに、電話・電子回線によって、取引を行う市場である。

実際に、外国為替市場で外国為替が取引される際に、銀行同士が取引するのではなく、間に外為ブローカーと呼ばれる仲介業者が介在することが多かった。外為ブローカーは、売り手と買い手を取り次いで取引を成立させ、ブローカレッジ(手数料)を得る。

かつては上田ハーロー(上田八木短資系)、トウキョウフォレックス(東京短資系)、メイタントラディション(セントラル短資系。「メイタン」は合併前の名古屋短資の略称)等が存在したが、電子取引の成長に伴いシェアが減り、上田ハーローとトウキョウフォレックスが合弁会社を設立している。

また、最近ではインターバンク市場ではなく個人向けの外為取引に進出している会社も多い。


為替レートの概要

為替レートは、通貨を他の通貨に替える際に必ず決定される。貿易や資本移動など国境を越える取引において外国為替は必要であり、為替レートはその外国為替の交換率を意味する。

為替レートはその制度いかんに関わらず経済情勢の変化によって変動する。

ある通貨Aに対して、通貨Bの価値が増大した場合、BはAに対して増価したという。また、AはBに対して減価したという。

中央銀行などの介入や固定相場レートの変更などで、為替相場の水準が人為的に変更された場合は、自通貨が増価した場合を切り上げ、減価した場合を切り下げと呼ぶ。



為替レートの現状

各国の通貨間の為替レートのうち、国際的な金融取引や貿易の決済に利用されることが多いアメリカドルとの為替レートは最も重要視される。2004年には1アメリカドルは100~120円の比率で交換されている。日本の為替レートの変遷は円を参照のこと。

基準となる通貨とその相手通貨によって、変動相場制と固定相場制の2通りの方式が存在する。先進国の通貨の多くは主に変動相場制を利用しており、需要と供給の関係で日々異なる比率で取引される。途上国はドルとの間で固定相場制を維持する傾向が強かったが、通貨危機への脆弱性から相次いで変動相場制へ移行した。一方、欧州では諸通貨間のレート変動を次第に抑制し共通通貨ユーロを誕生させた。ユーロは国境を越える最も強力な固定相場制を実現したことになる。

現在の為替レートで各国の賃金水準などを比較した場合におおきな差が出る場合がある。例えば日本は一人当たりGDPが37000ドル程度であるが、ベトナムはおよそ500ドルである。この計算では日本のほうが70倍程度豊かであることになるが、ベトナムは日本よりも物価が安いため、所得が低くても購買できる量は70倍もの差がつかない。物価を考慮した購買力平価ベースの一人当たりGDPは日本が30000ドル、ベトナムが3000ドルと日本が10倍豊かであるという結果になっている。

為替レートがこのような物価差を反映しないのは経済構造と貿易に関係している。



【“為替レートの現状”の続きを読む】

報道される為替レートについて

ニュースや新聞などで報道される「1ドル = 110円10銭~110円20銭」というレートは、銀行間での外国為替取引を行うときのレートで、銀行間相場と呼ばれるものである。

各銀行は、小口の顧客取引についてはその日の相場動向を見越して仲値と呼ばれる基準相場を定め、銀行間相場が大きく動くことが無い限り、(銀行間相場が細かく動いたとしても)日中はその相場を基に取引を行うことが多い。(東京市場では、以前は大手行の当番制で共同して用いるドル円の仲値を定める慣行があったが、現在は異なる。)なお、銀行間での取引は、何れの通貨も対(アメリカ)ドルで取引が圧倒的に多く、例えば円とタイバーツなど各国通貨との直接取引きの金額は少ない。このため各国通貨と円の為替レートは、当該通貨の対ドル相場と、ドル円の相場との合成として計算されることが一般的である。

為替レートの表示の仕方は、1ドルが120円という表示の仕方と、1円が1/120ドル=0.00833ドルという表示の仕方がある。ほとんどの通貨では1ドル=120円、あるいは1ドル=700韓国ウォンというように、米ドル1ドルに相当する各国通貨額を使うことが慣例である。例外は、英国ポンドやユーロなどで、1ポンド=1.9ドル、1ユーロ=1.25ドルなどと表示することが慣例となっている。

日本で円と他国通貨の為替レートを考える場合に、1円=8.11韓国ウォンと表示するのを外貨建て、1韓国ウォン=0.123円と表示するのを、自国通貨建てと言う。韓国から見れば、1円=8.11韓国ウォンが自国通貨てであり、1韓国ウォン=0.123円が外貨建てである。円の為替レートについて、自国通貨建ては邦貨建てと呼ばれることが多い。



外貨預金・両替

一般個人が、銀行に外貨預金を依頼する場合、おおよそ数%~10%程度に相当する手数料分(銀行などで多少異なる;外貨1単位に対して何円という料率が普通)がレートに織り込まれる。そのため、かつて一般的だった「ドル円片道1円」と呼ばれる手数料率(仲値と取引に用いられるレートの差が1ドル当たり1円であることをいう)において、取引相手の銀行の仲値が1ドル=110円だったとすると、外貨預金への預け入れ、払い戻しや、外国送金の取り組み、円貨での受け取りに使われるレートは

・円→ドル(TTS)1ドル = 111円
・ドル→円(TTB)1ドル = 109円
となる。

また、外貨の現金との両替を依頼する場合には、さらにキャッシュハンドリングチャージ(cash handling charge;現金取り扱い手数料)と言われる手数料分が加味される。(顧客からの買取の場合はその分安く、顧客への売却の場合はその分高くなる。)

これは、外貨預金の場合は帳簿上の付け替えでも済むのに対して、両替となると実際に外貨の現金を当該外貨の本国との間でやり取りする必要があり、運送費・保険料その他がかかってしまうことが理由とされている。




為替レートその他

仲値ないし銀行間相場と、対顧客相場の乖離が比較的少ないのは、アメリカドルやユーロである。マイナーな通貨は取引量が少ないので、相場の乖離幅(銀行の利幅)が極めて高くなる傾向がある。

その他、貿易取引に使われるレートや、為替予約と呼ばれる先日付取引に使われるレートは、決済期日までの金利を勘案して定められる。

外貨建てでクレジットカードを使った場合の決済相場は、請求票がカード会社の決済センターに届いた際の相場に、数%程度の手数料を加味した相場であるとされている。従って、国内で両替して海外で現金で支払うよりは、実質の為替レートが有利になる可能性がある。



外国為替証拠金取引とは

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、小額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による外国通貨の売買を行なう取引をいう。金融派生商品(「デリバティブ」)の1つ。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。商品先物会社、証券会社などで扱われていることが多いが、本取引を専業で取り扱う業者もある。取引内容によってはハイリスク・ハイリターンとなるため、外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。

外国為替証拠金取引の特徴

外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較した場合の特徴を挙げる。

①為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差が小さい。また金利差によるスワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多い。

②レバレッジをきかせることによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができ、レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクは高まる。取引業者によっては100倍以上の高レバレッジが設定可能である。逆に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍)という外貨預金に近い比較的低リスクな取引もできる。

③商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされる。またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れを請求される(マージンコール)場合もある。

④多くの外貨建て商品では、外貨を買ってから一定期間後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能である(いわゆる「売りから入る」取引)。

⑤日本円しか持っていなくても、「米ドルを売ってユーロを買う」といった取引が可能である。

⑥税法上、外貨預金・外貨建てMMFの利子は利子所得(20%の源泉分離課税)となるが、外国為替証拠金取引のスワップポイントは雑所得(取引所取引は申告分離課税、店頭取引は総合課税)となる。為替差益の扱いは多くで雑所得(取引所取引は申告分離課税、外貨預金と店頭取引は総合課税、外貨MMFは非課税)。

外国為替証拠金取引の主なリスク

①外国為替相場の変動
相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある。証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠金を請求されることもあり得る。

②業者に対する信用リスク
客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託するといった保全管理をしていない業者の場合、破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは期待できない。業者によって証拠金の管理方法が異なるので約款などで確認する必要がある。


外国為替証拠金の取引の例

取引の例を示す。ここでは、簡単にするため金利や手数料は考えず、相場変動だけを考える。

例:

5000ドル相当の円を証拠金として預託すると、10万ドルの取引が可能とする。つまり、証拠金は取引額の5%(レバレッジ20倍)。

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になったとする。 このときの収支は、

1ドルあたり115円-120円=-5円であるから、10万ドルでは50万円の損失である。
また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。
初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。
実際には、途中でマージンコールの発生により追加証拠金(追証)を求められることがある。
上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は50万円の利益となる。 つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。


金融商品販売法の適用

本取引は、2004年4月1日施行の「金融商品の販売等に関する法律」(「金融商品販売法」)の改正により、「直物為替先渡取引」に該当することが明確になった。(金融商品販売法 第2条1項12号、同法施行令 第4条)

このため、業者はリスク等に対する説明義務が課せられる。説明が尽くされておらず顧客が被害を蒙った場合は、業者は損害賠償責任を負うことになる。(同法 第3条1項2号、第4条)



金融先物取引法による規制

本取引は、従来は取引に関する法律(いわゆる「業法」)がなく規制もなかったために、多額の手数料を顧客から騙し取るといった悪徳業者が多発した。しかし、2005年7月1日に金融先物取引法が改正されたことで以下の規制がかけられたことにより、悪質な業者は今後次第に淘汰されていくものと思われる。

・業者は登録制となり、金融庁の監督下に置かれるようになった。
以下の禁止行為が設けられた。
・不招請勧誘の禁止
・契約をしない旨の意思表示をした人に対する再勧誘の禁止
・断定的判断を提供しての勧誘の禁止
・広告規制
手数料やリスクなどについての表示を義務づけられた。
・書面の交付義務
契約締結前、取引成立、証拠金受領時にそれぞれ書面の交付が義務づけられた。
・外務員が登録制となった。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。