スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円相場(えんそうば)とは?

円相場(えんそうば)は、円に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。通常は、外貨1単位に相当する円貨額で表示する。(通貨や市場によっては別の慣行もある。)

特に米ドルやユーロ、英ポンドとの比較によって示され、なかんずく米ドルに対しての「円の相対的価値」を示すことが多い。



スポンサーサイト

円相場の概要

国際市場において、日本の通貨である円の相対的価値が、何らかの意味で基準とみなされる水準よりも高い状態を「円高」、逆に低い水準であるとき「円安」という。

分かりやすく言えば、今まで1ドル120円だったが、1ドル115円になった場合には、円高になる。つまり、より少額の「円」で、1ドルと交換できるようになる訳である。(同じ円貨額でより多くのドルを買えるようになったと考えると、通貨価値が上がったということが理解されやすいであろう。)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。